page title
歯周病について

歯周病

こんな症状ありませんか
cat_01

・冷たいものがしみる
・甘いものがしみる
・歯が痛む
・歯が変色している

虫歯かもしれません
別ページへリンクします

dog02
cat_03

・歯みがきのとき出血する
・起床時に口の中が
 ネバネバする
・口臭がある
・歯ぐきが腫れている

歯周病かもしれません
このままお進みください

歯周病の治療

歯周病は、日本人(成人)の約8割がかかっている病気です。 自覚症状が少なく、初期症状もわかりにくいので知らない間に進行していく怖い病気です。また、歯周病はお口の中だけでなく全身に影響を及ぼすこともありますので、少しでも異変に気付いたら早めに歯科医院でみてもらうようにしましょう。 はまだ歯科では、定期健診を通して歯周病の予防・早期発見・早期治療に努めています。
先生の見出し

歯周病が全身に及ぼす影響って?

早産・低体重児出産
ninpu
妊娠中の方は要注意!歯周病菌によって子宮収縮を引き起こすことがあり、早産・低体重児出産のリスクが高まります。(詳しくはマタニティ歯科のページもご覧ください)
肺炎
lung
歯周病菌が肺に侵入することによって、 肺炎を引き起こすことがあります。 高まります。(詳しくはマタニティ歯科のページもご覧ください)
循環器疾患
kekkanheart
歯周病菌によって血管内に血栓が出来ると、 心臓疾患を引き起こすことがあります。
糖尿病
歯周病が糖尿病を悪化させることがわかっています。また、糖尿病で免疫力が低下している人は、歯周病にかかりやすい傾向にあります。
先生の見出し

歯肉炎と歯周炎の違い

歯肉炎 汚れで歯肉のみが炎症を起こした状態
歯周炎 歯肉炎を放置して歯を支える骨が溶け始めている状態。歯槽膿漏ともいいます。
先生の見出し

歯周病の治療

入念な検査・診断の後、進行状況や症状に合った最適な治療を行います
検査1
レントゲン撮影、写真撮影、歯周ポケット測定、動揺度の検査など、必要に応じて色々な検査をし、現状のお口の中の状態を調べます。(詳しくは、検査についてのページをご覧ください)
スケーリング
sc01
SC(スケーリング) 歯の表面に付いている、 目に見える部分の歯石、 浅い歯周ポケットの中の歯石を取り除きます。
検査2
ひととおり歯石を取り除いたら、再度歯周ポケットの測定、歯の動揺度の検査をし、表面の歯石を取り除いた後に歯ぐきに変化があったかを検査します。。
スケーリング

sc02
SRP(スケーリング・ルートプレーニング) 外から見えない歯ぐきの中、 歯周ポケットの深かった部分は、 歯の根の部分についている歯石や 汚れを除去します。
検査3
お口の中の全体のお掃除が終わったあと、最初に来られた時と比べてどのくらい改善されたかをチェックします(再度、歯周ポケット、歯の動揺度の検査)
歯周外科
geka
必要に応じて、局所麻酔をして歯ぐきを切り開き、 歯周ポケットの奥深くに入り込んだ歯石や歯垢、 さらに感染した歯肉組織を取り除きます。 最後に、歯ぐきを縫合します。(フラップ手術)
先生の見出し

治療後はメンテナンスを受けましょう

girl虫歯は、再発のリスクが高い病気です。治ったからといって油断は禁物。ご自宅での歯みがきはもちろんのこと、歯科医院で定期健診を受けて健康な状態を維持していきましょう。
赤は休診日、青は午前のみの診療、緑は午後のみの診療です。
はまだ歯科 Twitter